文鳥事典トップページへのリンク

筆者 SUZUKI

筆者 SUZUKI

1羽の白文鳥をお迎えしたことをきっかけに、文鳥の生態や飼育の知識を勉強。現在2羽の文鳥と暮らしている。
「文鳥事典」の記事は、専門書による知識と、文鳥との実体験をもとに作成しています。「文鳥事典」で知識を得ることで、人間と文鳥が幸せに暮らすお手伝いができれば幸いです。
分からないことの答えが、すぐに見つかる文鳥サイトを目指しています。

参考書籍

本サイトの記事は、筆者の経験と下記の書籍を参考に作成しています。

幸せな文鳥の育て方

幸せな文鳥の育て方

文鳥生活のはじめ方

文鳥生活のはじめ方

文鳥の救急箱100問100答

文鳥の救急箱100問100答

わが家の動物・完全マニュアル 文鳥

わが家の動物・完全マニュアル 文鳥

コンパニオンバードの病気百科

コンパニオンバードの病気百科

文鳥の事故を防ぐためにチェックすること

公開日  最終更新日  | 病気・ケガ

文鳥の事故

文鳥のケガは、人間が気を付ければ防げることがほとんどです。
特に放鳥中は事故が多いので注意しましょう。以下のチェックポイントを確認してみてください。

中毒になるもの

観葉植物

アサガオ・アジサイ・チューリップ・スイセン・ポインセチア・ポトスなど、文鳥にとって危険な植物はたくさんあります。部屋に置くと食べてしまうことがあるので、観葉植物は置かないようにしましょう。

タバコ

言うまでもありませんが、タバコや吸い殻は部屋に置かないようにします。

殺虫剤・洗剤などの薬品

放鳥する部屋に置いたり、噴射したりしないようにしましょう。

芳香剤・消臭剤・アロマ

芳香剤、消臭剤、アロマなど、匂いを発するもので体調を崩し、鳥が死に至るケースもあるようです。
文鳥のいる部屋では使わないようにしましょう。

農薬の付いた野菜

農薬が付いた野菜を文鳥が食べてしまうと、最悪の場合、死んでしまう可能性があります。
できるだけ無農薬のものを購入、もしくは無農薬で自家栽培したものを、水でしっかりと洗ってから与えるのがおすすめです(無農薬と記載されていても100%農薬を使っていないという保証はありません)。

人間の食べ物

文鳥が食べられる野菜や果物を除き、人間が食べるものは基本的にあげてはいけません。健康を害したり、危険な食べ物もあります。

床のゴミ

放鳥すると床の小さなゴミや、食べ物のカスをついばむことがあります。危険なものが含まれているかもしれないので、こまめに床の掃除をしましょう。

やけどの危険がある

キッチン(ガスコンロ・IHヒーター・鍋など)

放鳥中にキッチンで調理することはもちろん、熱い鍋やフライパンを置いておくのも危険です。
テフロン加工の鍋やフライパンを熱したときに発生する有毒ガスは、文鳥にとって命に関わるほど身体に影響がある言われています。

衝突の危険がある

鏡・窓

向こうに行けると勘違いして衝突してしまいます。大ケガにつながるので、カバーをかけたりカーテンをするなどして対策をしましょう。

溺れてしまう

風呂・水槽

溺れる危険があるため、水が溜まった場所に文鳥を近づけないようにしましょう。

ケガをする

扇風機・掃除機・サーキュレーター・換気扇など

羽や足を巻き込んで大ケガをする可能性があります。放鳥中はこれらの機器は止めましょう。

カーテン・タオル・毛糸など

足を引っかけて宙吊りの状態になると、大ケガをする可能性があります。文鳥の爪に引っかかりそうなものは、あらかじめ取り除くか、素材を変えるなどして安全な環境を作ってあげてください。

他の動物に襲われる

天敵

天敵となる動物に襲われないように、室内の安全な場所にケージを置きましょう。
また、文鳥を襲う可能性があるその他のペットを、文鳥のケージを置く部屋に入れるのも好ましくありません。放鳥中はもちろん危険ですし、同じ部屋にいるだけでも文鳥はストレスを感じます。

窓から逃げる

放鳥中に窓を開けてしまう

自然界では、文鳥は捕食される生き物です。また日本の季節の気温差は文鳥にとって過酷です。外に逃げてしまったら基本的に生きていけません。
放鳥前は、必ず窓が閉まっていることを確認しましょう。

圧死する

クッションや毛布などの隙間

文鳥は狭いところが大好きです。知らないうちにクッションや毛布などの狭い隙間に入り込んでいることがあります。気づかずに踏んでしまうことがないよう、放鳥中は常に文鳥に注意を向けてください。人間が着ている服(特にパーカーのフード)の中も注意が必要です。

人間の寝返り

文鳥はパートナーといつも一緒にいたいもの。
ついウトウトと人間が眠ってしまったときに、文鳥が近くにいると寝返りをうったときに、最悪の事故が起きてしまう可能性があります。

まとめ

放鳥中の事故は多く、飼い主が油断したときに起こってしまいます。
放鳥中は、文鳥がいるところを常に気に留めておくだけで、ほとんどの事故を防ぐことができます。

知りたいことを選ぶ

筆者 SUZUKI

筆者 SUZUKI

1羽の白文鳥をお迎えしたことをきっかけに、文鳥の生態や飼育の知識を勉強。現在2羽の文鳥と暮らしている。
「文鳥事典」の記事は、専門書による知識と、文鳥との実体験をもとに作成しています。「文鳥事典」で知識を得ることで、人間と文鳥が幸せに暮らすお手伝いができれば幸いです。
分からないことの答えが、すぐに見つかる文鳥サイトを目指しています。

参考書籍

本サイトの記事は、筆者の経験と下記の書籍を参考に作成しています。

幸せな文鳥の育て方

幸せな文鳥の育て方

文鳥生活のはじめ方

文鳥生活のはじめ方

文鳥の救急箱100問100答

文鳥の救急箱100問100答

わが家の動物・完全マニュアル 文鳥

わが家の動物・完全マニュアル 文鳥

コンパニオンバードの病気百科

コンパニオンバードの病気百科